スズキSW-1のドライブプーリー修復!!

スズキSW-1のドライブプーリー修復!!ですが、意外にちょこちょこと
依頼が御座いまして、修復しておりますが、同じ修理内容を繰り返しブログに
出しても、、、、どうかと思いつつ、、、今回は一年ぶりなので書きました。

a0047220_10374376.jpg


バブル末期に”最後の申し子”と言える”スズキSW-1”は、1992年に発売され
250ccで680000円の高値とレトロデザインが外れて???短期間で生産が終了した。

SW-1のフロント側ドライブプーリー(スプロケット)も、何度か修復しておりますが
今回は、、、今までに無い最高難度の完全にスプラインの山が無い!!!。

a0047220_10403398.jpg


25年を経過した現在では、純正部品終了と在庫の欠品が、目立つようになって
このドライブプーリー(スプロケット)も欠品となり、車両の維持も大変です。

なんでここまで破損するのか? 何故かフロント側プーリーのスプライン破損が目立つ。

a0047220_10404974.jpg



硬鉄としては、いろんな破損状態により、修復のやり方を変える、、、
いろんな修復方法の引き出しが有るなかで、シュミレーションをして、一番ベストな
方法を選択する。。。
今回は一旦穴を溶接630系で埋めて、寸法を割り出し再度スプラインを掘ることにした。

a0047220_10431994.jpg


今回もスプライン部分の強度も考え、軽く油で絞めることにした。
これが大事であり、ある意味長年の経験がモノを言う重要ポイントです!!!。。。

a0047220_10433556.jpg


耐久性も確保してバッチリ完成!!・・・・・て感じ。。。

by okugake | 2018-01-23 10:46 | 修復作業

ミッションの部品修理。。

古いミッション内部の部品です。

破損してしまった。。。

ところが、、、もはや部品が手に入らない。

部品が無いので直して、、、と言うことで
破損部と段付き磨耗修復をすることになりました。
a0047220_20371871.jpg



これ、、、鍛造系ではなくて、なんと!鋳物系焼き入れ的な材質でした、、、。
a0047220_20374014.jpg



630系で修復作業が終わると、、、
a0047220_20382022.jpg


部分的な焼き入れも、キッチリと施し完成て、、、感じで!。
正直、耐久性も出して復元修理は、、、難しいですね。。。(脂汗

by okugake | 2018-01-08 11:11 | 修復作業