<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

この手の修理は~好きかも!??

これ自動車の部品です。。。。。

a0047220_12533296.jpg




よく見ると。。。。。。


クラック入ってるし。。。。。


困った時は・・・・・硬鉄が有るやないですか!!


a0047220_12535523.jpg




クラック部分をこのようにカットして。。。。。
一皮だけ残しておく・・・・・サイズ維持のためです。

a0047220_12541578.jpg




溶接棒は超強度アルミ鋳物用で溶接しますが、面積はタップリとね!
表をシッカリ溶接した後、内側のクラックを一旦潰してから溶接する。

a0047220_1255304.jpg




アルミは溶接しても意外に引っ付いていない。
特にアルミ鋳物は、気泡も多く要注意だ!

a0047220_1259354.jpg




穴径をリーマーで調整し、磨いて、、、、、
んで・・・・・このように出来ちゃいました!

a0047220_1305234.jpg




一番大事な部分はね~表側では無くて内側ですから!!
ここに部品が圧入される為、100/2程で。。。

a0047220_1322467.jpg




表側(断面)を見ていただくと修理部が、微妙に厚くなっているでしょう。
強度を持たすためで、あえて溶接肉を1.5mmほど残しています。

a0047220_133634.jpg




それと修理母体や部品の用途で溶接棒を選択しないと
とんでもない目に遭いますよ!!


因みにこの足回り部品は・・・・・
フェラーリ360モデナのアッパーアームです。

この手の修理は・・・・・以外に多いんですよねぇ~~
安心してください!!強度も考えて修理していますから。



ほんで持って~今からこれを・・・・・・ベンツの部品です。

a0047220_13135897.jpg




修理するんですが、部品無いんですかね??
買った方が、早いと思うんですけどなぁ~???

取り合えず部品を水酸化ナトリウムに浸けてから(油抜きのため)
作業に取り掛かるとしましょうか~~
by okugake | 2017-10-26 09:00 | 修復作業

Tマックス初期型に現行530フロント回りを!

ご無沙汰しております。
今回は久々のスクーター系ですが、これが大変だったんですよ。
ヤマハTマックスの初期型に、現行の輸出モデル530のフロント回りを移植する。
それだけのこと、加工レベルで付くと思い込み、簡単だと思っていました、、、が

全然!簡単では無く、作る予定の無いステムやフォーク延長、、、ロータースペーサー
各部のマッチングカラーなど、なんやねん!て感じで、手間のかかるワンオフでした。
a0047220_112312100.jpg


元はジュラの塊が、、、、、、、、
a0047220_1123265.jpg


図面無しで、現物合わせで作るんですが、、、、付けたり、、、
外したり、、、数えきれない程、、、繰り返して、こんな感じに。
a0047220_11242851.jpg




あれやこれやで、作る部品が増えて、、、、安請け合いはNG!!。
a0047220_11294552.jpg


a0047220_11295638.jpg



倒立フォーク+ホイール幅も換わるため、ホイールシャフトまで
クロモリで製作する羽目に。。。。。
a0047220_11302137.jpg


a0047220_11303370.jpg


a0047220_11304932.jpg


a0047220_1131089.jpg


フリーハンドのワンオフですが、完璧なマッチングで、完成度バッチリ!に仕上げました。
a0047220_11311825.jpg


a0047220_1135982.jpg

by okugake | 2017-10-25 11:36 | 製作・加工