パンのシリンダーヘッドが、、、。。

パンのシリンダーヘッド、、、よく有るクラック修理です。。。
a0047220_1772960.jpg


2気筒ともクラックはかなり深いんですが、、、思いっきりエグリ取れば
そんなに難しく無い、いつもの溶接修理で、直ぐに終わる作業と思っていた。
a0047220_1773845.jpg


シートリング痩せが酷く打ち替えと面研やバルブ&バルブガイドなども
完全オーバーホールすることに、、、ところが、、、ところがや!!!!!!
このヘッド!要らんことをしていた!ポートを極限まで広げていたようです。
特に排気側が酷くて、、、チューニングされていたようです。。。
a0047220_12382276.jpg


そのおかげで、ご覧の通り肉が残っていないどころか、無い〜て感じで
後々、、、使い物にならないことも多いようです。。。
a0047220_1238375.jpg


リング破片を完全に取り除かないと完璧な溶接肉盛りが出来ないため
小型のリューターにダイヤモンドカットで、削り取るんですが
殆どが鉄粉と化す、、、でも形の残った破片はこんな感じです。。。
a0047220_12415477.jpg


壁面は穴ボコでも、、、これでやっと綺麗に溶接できるんですよ。
a0047220_12454046.jpg


肉盛り修正の写真を撮る余裕も無く、それほど面倒な作業ということです。

想定外の修復作業でしたが、綺麗に復元出来て良かったです。
a0047220_1249171.jpg


a0047220_12492833.jpg

今回は、、、ほんと!やれやれって感じで、、、。。。(苦笑
by okugake | 2016-12-05 05:31 | 修復作業


<< ダイカスト系の修復。。 ショベル・ミッションケース・ボ... >>