S&S...リチャード(gear)。。

本能というものは、恐ろしい。。。
知らず知らず・・癖が出てしまう。。。
ついついパーツを、眺めて自分の世界に入っていく。

このギヤ(ギア)を検証してみる。。。

おぉ~待ってたでぇ!リチャード・ギアやね!

・・・・・チィ~~ン・・・すんません。(汗

確かに丁寧に作られていたが・・・
丁寧と綺麗な仕上げとは・・・全く異なる。。。

a0047220_9514149.jpg


機械にかけて刃先(歯車)を成形していくわけだが
縦スジが多いほど細かく作っているといえる。。

a0047220_10344163.jpg


一般のギヤは、5~6(縦スジ)で仕上げるのに対して
このハーレーのS&Sギヤは、13(縦スジ)ですから
約2倍の時間をかけていた。

a0047220_9521041.jpg


当たりは、悪いようで均等では無く、ムラが生じていた。。
要するにギヤ・ノイズが大きいと言うわけや!

a0047220_9522725.jpg


ここでおもろいお話でも・・・
フェラーリのエンジン本体サウンド(マフラー音や無いよ!)は
最高やけどトヨタ・レクサス・V10「LF-A」もええ音してますやろ。
超精密仕上げの刃先で当たりは1/1000ですが・・・・・・
たった一枚だけ・・・数グラムのバランスをズラしたギヤが有る。
要するにアンバランスな一枚のギヤが、レーシーなシビれる
エンジン・メカノイズを生み出していると言う事ですわぁ~~。
フェラーリは、アンバランスなエンジンという事か??

高性能は、機械が生み出しますが、味と言いますか
フィーリングを生み出すのは・・最後の最後人間ですから。
これがマイスター(職人の上)の技と言う事ですね。

人の価値とは、その人が得たものではなく、
その人が与えたもので測られる・・・と言う事ですね先生!
私は、アインシュタイン先生の教えを守っておりますさかいに!

by okugake | 2012-07-21 20:00 | 製作・加工