ホンダ・フォルツァも。。。

4輪&スクーターのようなボディー・パネルの有る車両は
何故かローダウンが似合うんですよね~。

それも超!?ローダウンにすると!よりカッコいいから困る。(笑)
ところで良いローダウンて言うのは何だろうか??と考えてみると
それは普通に乗り心地が良くて無理をしなくても乗れること!
そして純正同様に耐久性が有り安全性も確保していることでしょう。

硬鉄の手法は、各部を無理なく少しづつ加工していく。
ここ10mm・・・そこを15mm・・・あちょこも。。。(あ~イヤらしい!)
こんな感じで少しづつ積み重ねることで乗り心地も良くして
超ローダウンを可能にしていくんですよ。

このフォルツァ・MF10も硬鉄のセオリー通り基本に忠実に。。。
まず純正のステム加工は、いつもの角度+4°にしてみる。
ホークの逆付けは、角度が付き過ぎるし不自然に見えませんか?
と・・・私は、思うのでやったことが有りません。(苦笑・・・)

a0047220_1761571.jpg




続いてステムをこのようにスライス!加工してみる。
(ノーマルを知っている方~形が全然違いますやろ!!)

a0047220_176418.jpg




んで!この余分なインナーチューブをカットするわけね。
28mmもカット加工出来るんでっすよ。

a0047220_177049.jpg




この28mmカット!去れど28mm。
って・・・・・これも拘りマニアからの注文やから
頑張って作りましたんや。

でも喜んでやりたくは無い加工やねんけど・・・
ねぇ~勝〇くん!!

by okugake | 2012-02-08 08:08 | 製作・加工