硬鉄クオリティー・スプリング。。

硬鉄オリジナルパーツは真面目なパーツです。
恐ろしいほど厳しいチェックをクリアしたモノだけが
皆様の手元に!!出荷されていきます。
a0047220_19354322.jpg


日本人の体形に!日本の道に合わせて!!チューナップして
ありますから、心地良い走りが出来るんですよ。
a0047220_19361321.jpg


だからMade in Japanがイイんですよね。。。
a0047220_1936276.jpg

本物が大好きな方のみ!!買ってください。。。
絶対に裏切りませんから。。。。。
# by okugake | 2018-12-08 11:26 | パーツ

キックギアの修復です。。。

大変ご無沙汰しております。
なかなかブログにアップ出来ない! closed な作業ばかりで
今回はご理解有るオーナー様により、やっとブログアップ出来ました。

と言うことで、、、、、、、

超レアな戦前のバイクは、1930年のダグラス・モデルL-3・350㏄で
いろんな部分が壊れても納得がいく88歳の高齢バイクで御座います。
a0047220_8345665.jpg



ご覧のようにギア(歯)が大きく破損しております。
a0047220_8353172.jpg



a0047220_8354785.jpg



よく見ると残っている歯も押し側が変摩耗していますので
全ての歯がアウト!!!でした。
丁寧に油抜きをして、、、、
a0047220_836848.jpg



硬鉄も出来る限り、お役に立つよう修復作業を致しました。
軽く油で締めて、研磨して、、、。。。
a0047220_836549.jpg



この少し鍛造的な鋳物加工ギアですが、超特殊専用の肉盛り棒が
残り少なくて、現在では入手が難しく、今残っている僅かな溶棒が
無くなり次第、修復作業が出来なくなります。。。
a0047220_838872.jpg

# by okugake | 2018-12-05 08:44 | 修復作業

パンヘッド シリンダーフィン修理。。。

大変!!!ご無沙汰しております。。。
ブログ更新が、激減りしておりますが、毎日ハードな作業をしております。

で、、、ブログを書かない理由としましては、、、
①毎回よく似た修理で目新しさが無い!!書いても同じ内容ばかり。
②例年になく超猛暑でバテバテの為、、、書く気にならない。
たったこれだけの理由で、更新が減ってしまいました、、、が
そろそろ涼しくなり始めていますので、更新も増えると思います。


ところで今回も目新しさ無く!いつもの手慣れたパンヘッドの
シリンダーフィンを修復ですが、少し違っていたのでブログに採用です。

と、、、言いますか、、、この状態での作業って、、、有り!???。
a0047220_1013446.jpg


困ったことにエンジンが組まれたままで、この立った状態での作業は
普段でしたらお断りするところですが、事情もあるので、お受けしましたが
作業のやり辛さは最高でしたね。。。
a0047220_102132.jpg


a0047220_1022920.jpg



このように殆ど立った状態での作業は、、、倍の時間が要しました。
a0047220_1024970.jpg



取りあえず
写真では、かなり省略しておりますが、ご観覧頂ければと思います。
a0047220_103199.jpg


a0047220_103314.jpg


a0047220_1034249.jpg


a0047220_1035892.jpg


と、、、いうことで修復終了です。。。
中腰の作業は、、、腰と背中がメッチャ!痛だるい、、、感じで。。。
# by okugake | 2018-08-21 10:05 | 修復作業

ハーレー用オリジナル・スプリングが。。

硬鉄オリジナル・スプリング・ハーレー用が・・・・・
密かに人気上昇の気配を感じております。(笑
a0047220_8411477.jpg


フロント足回りのセッティングやローダウンですが、国産車では
昔から一般的だったインナーチューブ・カットで長さをショートに
したり、内部のリバンプ・カラーでストローク調整しスプリングを
入れ替えて、乗り心地や完璧なセッティングが行われてきましたが
ハーレーでは、、、あまり知られていないようです。
a0047220_8414288.jpg


ちなみにビックスクーターですら!??10年ほど前からは
当たり前になっているカスタムの手法ですよ!!。(笑
(写真はハーレーCVOで25mmカット加工いたしました!
乗り心地変わらず25mmローダウン出来るということです。)
a0047220_842127.jpg




硬鉄オリジナル・スプリングの方向性ですが
a0047220_8425899.jpg


各個人のセッティング等など、好みが分かれるところで
走るステージによって様々ですが、硬鉄の生産するスプリングの
特徴としてハーレー用はストリート重視です。
a0047220_8435088.jpg


重量級の車体をスムーズにコントロールしつつ、乗り心地を
確保しております。
a0047220_844266.jpg


その為、国産ネイキッドのハイスペック仕様とは方向性が少し違って
コーナリングを早く走るというよりも、スムーズな安定感とソフトで
粘りの有る走りだと!!思っていただければ宜しいかと!思います。
a0047220_8445641.jpg

是非ともお試しあれ!!。。。
# by okugake | 2018-06-22 10:30 | パーツ

FXCWC ロッカーのステップ移動です。。。

FXCWC ロッカーのステップ移動です。。。
a0047220_17155729.jpg



ワンオフ、、、と言いましても、硬鉄の場合は、デザイン物はNG!です。
実用性重視でしかお受け致しません。(現在ワンオフ製作は基本的に休憩中!?でっす。)

このFXCWC ロッカーのフォワコンを手前に移動したい、、、
それも今までに無い形&実用性重視で!?

でも対外のデザイン物は世の中に出ておりますので、結果的に似る場合も有ります。
今回は100mm以上手前に移動したい!とのことで、いつものように図面や
参考になる写真も全く無い状態で、、、作業がスタートしました。

a0047220_17165219.jpg


何が何やら~~分からないままに、、、まずはジュラルミンの塊を削って取り付けてみる。
そうしてジュラルミンの板を切って合わせてみる、、、削っては取り付け、左右の位置や
バランスを決めていきつつ、、、削っていっては取り付けを何度も繰り返して合わせる。

a0047220_1717958.jpg


この作業だけでも何回やったんだろうか??左右で20~30回は繰り返したと思う。

a0047220_1717261.jpg


a0047220_17174437.jpg


結果的にこのような形になりましたが、初めからこんな形になることは!!。

a0047220_1719541.jpg


手前に100mm、マフラーの振動を交わすギリギリ3mmの隙間に抑えて
プライマリーケースのクリアランス2mmまで、追い込んで、、、手前、横、高さの
三方向を左右合させながら作り込む、、、と、、、こんな形になりました。

a0047220_17194927.jpg


a0047220_17193380.jpg


a0047220_17205747.jpg


出来てしまえばこんな形か!!となりますが、製作スタートは全くに白紙ですから、、、。
モノ作りを十分に理解されている方は、この作業がどれほど大変か!?
分かっていただけると思います。

a0047220_1720472.jpg


ところで近年、、、図面無しの白紙で、車両持ち込みのみ、、、
このようなワンオフ&マスター型製作をする工場て、、、
何軒残っているんでしょうか? 間違い無く減り続けていると思います。

a0047220_17203715.jpg


硬鉄も忙しくて中々お受け出来ませんが、、、1年前から言われていていたことを
うっかり八兵衛、、、で、、、製作した次第です。。。

a0047220_17211434.jpg


でも、、、今回思いのほか時間が、かかってしまったなぁ~~~。。。(苦笑)

# by okugake | 2018-06-01 17:21 | パーツ