ビューエル・シリンダーヘッド破損修理。。

軽い転倒だったにも関わらず、、、この状態になってしまった。
やはりバイクは、ちょっとしたことでも重大なダメージを受ける。

ビューエルのヘッドが、、、このように吹っ飛んでしまった。
普通は心も一緒に折れて諦めるんですが、、、中には諦めの悪い
オーナーもいて、、、なんとかして!て方が、、、おられます。

破片が有る無し関係なく、この状態でしたら、どちらにしても
作り直した方が強度も有り安心です。
a0047220_7464080.jpg


同車の写真や現車等で形状確認して、、、
a0047220_7344849.jpg


こんな感じで、、、作り上げて、、、
a0047220_7514366.jpg


歪んだエンジン・ブラケットの微調整をして、、、
a0047220_736439.jpg


やっと、、、完成です。。。
a0047220_737156.jpg

# by okugake | 2017-03-13 04:02 | 修復作業

ワンオフ・オリジナル・ミラー。。

バックミラーて、、、回りとバッティングしませんか?
人気ブランド品だと、同型のモノを付けている車両に遭遇するコトも多い。
どれも似たり寄ったりで、カスタム車の割にミラーは???だったりする。
ま~~見えれば何でもイイねん!!て方も多いとは思いますが、、、。。。
a0047220_10192871.jpg



そこでちょっと違うミラーを!!と思い、手作りでオリジナル・バックミラーを
作ってみました、、、手作りなので製作変更により、いろんな車種に対応致します。
a0047220_101942100.jpg



フリーハンドで、、、一つ一つ手作りです、、、手間暇かかっとります。。。
a0047220_10195035.jpg



ボルトなども車種に合わせて、手作りですので、、、
そのため大量生産が出来ず、、、当然在庫も有りませんし、、、
a0047220_10203278.jpg



受注生産ですが、本業が忙しいと納期未定になりますので
お断りしたりする場合も御座います、、、申し訳ないです。。。
a0047220_10204214.jpg



好みによって焼け色が、ついたままがイイという方もおられます。
a0047220_10274876.jpg



下記のようにバリエーションもいろいろと御座います。。。
a0047220_10223399.jpg


a0047220_10224866.jpg


a0047220_1023551.jpg



タイミング次第では御座いますが、、、完全受注生産で対応させて頂きます。
a0047220_10284449.jpg

# by okugake | 2017-03-11 10:34 | パーツ

エンジンのフィン修理、、、て感じで。。。

シリンダーのフィン修理は、、、、、
さほど難しい!?という作業では御座いません、、、。
修復作業の中では、簡単な部類ですが、「面倒クサイ!」んです。
a0047220_21485836.jpg


何が面倒クサイ!??かと言いますと、アルミ鋳物特有のアレ!が
突然現れるんですよ!鋳物の異物が溶接の熱で気泡発生しプツプツと穴が、、、。
(溶接では出ませんが、内部に潜んでいて、表面を削ると出てくるんですよ。)
これくらいエエやん!とか、気にしない方は、、、幸せでしょうけど
自分はアカン!絶対にアカン!のです。
a0047220_21492753.jpg



なんか気持ちがモヤモヤして、イライラして腹が立つんです。。。
居ても立っても居られないからやり直す、、時には一から作り直すこともある。
a0047220_21503653.jpg



要するに自分の性格が「一番面倒クセ~~!!!」ということですよ。
a0047220_21505942.jpg



では、、、こちらも直していきましょうか、、、。。。
a0047220_1791690.jpg



一段づつ仕上げるんが、、、溶接しては、ヤスリで、、、ちまちまと削って。
a0047220_1736219.jpg



溶接で肉を重ねては、、、ヤスリで削って、、、とにかく暇がかかります。
a0047220_1736431.jpg



手作業での”ヤスリがけ”は、「基本中の基本」ですから、職人のレベルが
ハッキリと分かりますし、非常に繊細な作業なんです。。。
自分が丁稚の頃は、、、加工や修復最後に「仕上げ士」がいて、全ての作業の
達人ですが、とにかく怒る!いつもの鬼瓦で、、、時々普通だったりして、、、
なんとなんと、、、運悪く?その人の下についてしまった。
おかげで、、、ヤスリがけやシカラップまで叩き込まれた。。。
a0047220_17365730.jpg



こちらのフィンも直しましょ~~~よ。。。
a0047220_17382978.jpg


このような機械では直せない作業こそ、腕の見せどころなんですね。
a0047220_17384027.jpg

「自分が納得出来た!」時点が完成ですから、、、時間を気にしてたら
良い仕事は出来ません、、、が近年は、そうはいかなくなってしまった。
数年前から、、、手離れの悪い作業やワンオフ製作から、、、離れたいと
思うようになった、、、ある意味、、、時代の流れかも知れませんね。。。

# by okugake | 2017-03-10 06:00 | 修復作業

クレーンで吊ってGSXハヤブサ修理。。

これからお見せする作業は、前回同様に基本から外れているため
参考にしないで下さい!!! 悪しからず、、、です。。。

部品が付いているまんまの、、、この状態で持ち込まれたバイク、、、。
バラすの面倒クサイって感じで、、、付いたままの作業が多い。
まあ〜要するに前回同様、、、でして、、、
部品を外すの手間でしょう、、、バラすとお金かかるでしょう、と言うことで。
a0047220_17393612.jpg


GSX1300Rのフレーム・リアサスペンション取り付け部の修理ですが
a0047220_17394665.jpg


この手の修理は何度かやりました。。。
a0047220_1741281.jpg


サスペンションと取り付け部の間に薄いシムが、挟み込まれているんですが
サスペンション脱着の際にポロリと落ちて、気が付かないまま組み付けて
しまうと、このようにポキっと折れてしまうんです、、、。。。
a0047220_17415254.jpg


このようにクレーンで吊り上げて直立的姿勢は、溶接がやり難くて大変です。
フレーム単体だとほんと簡単なんですが、当然ながら、殆どの部品が付いている
状態での溶接修理は、ガンガン熱を掛けれないし、まわりの部品やアームの
ベアリング等にも優しく対応しなければなりませんから。

溶接一発目は溶け込みバツグンの溶棒を使い、2番手は鋳物インゴット棒で
シッカリと溶け込まして、3番手は強度バツグンの超高価なドイツ製でフィニッシュ。
a0047220_1742157.jpg


クリアランス確認して、、、塗装してバッチリ完成です!。
立ったまま下から上に向かっての溶接修理は毎度のことですが
首、、、腕、、、ほんと!ダルいって感じで、メッチャしんどいです。
そろそろ断ることも大事なことだと思えるようになりつつあります。
a0047220_17421169.jpg

# by okugake | 2017-03-08 02:16 | 修復作業

クレーンで釣り上げてハーレーを修理。。

これからお見せする作業は、、、絶対に!絶対に真似をしないで下さい。
非常に危険を伴い、最悪の場合は、いろんな意味で、、、全てを失います。

では、、、では、、、

業者様から、、、硬鉄さんなら、なんとかなると思うんで、直して下さい!。
a0047220_1737788.jpg



エンジンのケースが、、、なんとなんとフル!ダメージですやん!。
a0047220_17371914.jpg



走行中に異物を踏んで巻き込んだそうです、、、お気の毒と言いますか
なんでこうなるの???こんなことって有るんですか???
ある意味、、、もの凄〜〜い、、、確率ですよね。
オーナーさんには申し訳無いんですが、もう笑うしかないって感じで。
a0047220_17373268.jpg


え、、、え、、、なんて、、、なんですって、、、、、、
エンジン外すと手間でしょう、、、バラすとお金かかるでしょう、、、
この状態でお願いしますよって、、、、、アカンて、、、。

まさかの、、、エンジンを外さずに、、、バラさずに、、、この状態で直してと
言われましても、、、困ります、、、無理!無理!絶対に無理です。。。

無理と言い切っても、押し切られてしまって、今度はこっちが泣くはめに、、、。
クレーンで吊り上げて、、、下から上に向いて溶接って、、、アカンでほんまに!。
ヤバいっでしょっ!!オイル等がたれてくるし、炎上したら、誰が責任取るのよ?。
a0047220_17375868.jpg



特殊な手法をつかって低温溶接でゆっくり、、、熱がたまらないように
ゆっくり時間をかけて、穴を埋めて、、、穴を開け直してネジ切って。
首、、、ダルい、、、腕、、、ダルい、、、非常に疲れる。。。
なんと言っても精神的に超!!疲れました、、、でこの通り完成て感じで。
a0047220_1738896.jpg

エンジン内部に残ったオイルは、ガソリン等も混ざっていて万一
火がつくと、消すことは難しいでしょう、、、。。。
以前に聞いたことがあって、、、エンジン溶接修理中に炎上して
工場までもが全焼したそうです、、、恐ろしいことです。。。(怖

# by okugake | 2017-03-06 05:55 | 修復作業