定番ソフテイルのオリジナル独立管。。

硬鉄定番パーツの一つ、ソフテイルのオリジナル独立パイプです。
定番と言いながら、治具の無いフリーハンドのワンオフ製作です。
右側は、純正ラインに仕上げて絶対にヒートガードを使用すること!!。
a0047220_1901563.jpg


ハーレー乗りは、夏場に大活躍するヒートガードの重要性を、知っているから。

後方シリンダー左側が、硬鉄の最大の売りで有ることは、ご存知で有ろう!?。
この3D的ラインを曲げることに実は労働の大半を!!費やしていることを!!。
a0047220_18441742.jpg


硬鉄には、パイプベンダーのような素晴らしい機械が無いため
今では原始的??な手曲げで、チマチマ時間を掛けて、作っております。

この部分だけは、絶対に譲れない!!。
納得のいくラインが出るまで、何回も曲げ直す!!!。
a0047220_1853388.jpg



微妙なラインが、硬鉄の拘りで有り、作り手で有る私の自己満足ですから!。
a0047220_1856521.jpg



出来上がってしまえばこんなもんです!、、、全く普通って感じで。
ですが、付加価値のある商品?存在感の有る本物とは?なんだろうか?。
a0047220_1921722.jpg


時が流れ、、、作り手が忘れ去り消えても、商品だけは生き残る!!。
長く愛用されることを、私はどこかで強く願っているのだと思います。
いつまでも、愛されるパーツを、作りたいものですね。。。(⌒▽⌒)

by okugake | 2014-05-24 21:43 | パーツ

超マニアックなリビルト作業!?。。

硬鉄は、油臭いです!!本当です!。。

毎日、、、油にまみれて作業しておりますから
本物!の油ギッシュな男で御座います。(笑

ところで・・・この作業は、油まみれる!超マニアックな作業だと思う。
a0047220_19452538.jpg



と、、、言いながら硬鉄としては、手慣れた大好きな作業の一つですが
a0047220_1945558.jpg



油が飛び散る・・・のが、、、少々辛い。。。(苦笑
a0047220_19462440.jpg



非分解のコンバーターを、バラバラにして、、、
a0047220_19464693.jpg



て、、、コンバーターて何やねん!と大半の方は、興味0%でしょうが
1%程のマニアな方には、結構受けるんですよ!??。

で、、、内部の点検やシール、ベアリング等の交換から
a0047220_19474817.jpg



フェーシングの張替などオーバーホールするのが、硬鉄の最も重要な仕事です。
a0047220_19483584.jpg



溶接の仮付けが、最大のポイントで、芯出しや内部クリアランス調整に
a0047220_1953436.jpg



大半の時間をかけて、裏肉を出さずにキッチリと溶接すれば、、、
a0047220_1954087.jpg


オーバーホール完成、、、今日は、業者向けの内容って感じでしたね。(笑

by okugake | 2014-05-23 20:15 | 修理&メンテナンス

オリジナル・マフラーメンテ!。。

硬鉄のオリジナル・マフラーは、何年経ってもメンテナンス致します。
a0047220_843456.jpg




製造から約12年経つが、、、今だ大事に愛用されているとは!。
a0047220_8445344.jpg




溶接棒を使い流していくと、、、独特な紋が浮かび上がる。
速度や温度で、紋はいろいろな模様と化す。
a0047220_8461463.jpg




現在バイク用マフラーは、棒を使わずパルス多用で、紋を見ることは少ない。
a0047220_8514129.jpg




何年経ってもオーバーホールに持ち込まれる。
a0047220_8534319.jpg


これからも長く愛用されることを願います。。。

by okugake | 2014-05-13 09:00 | パーツ

ブレイクアウト用?オリジナル・スプリング。。

硬鉄オリジナル・スプリング好評発売中!!ですが、、、
ブレイクアウトやロッカーなどの走行中に来る不愉快な突き上げから
間違いなく逃れることができる・・・はずです!。
a0047220_20182254.jpg



最近は、ブレイクアウトに!取り付けるとのご注文が、多くなってきました。
a0047220_20192227.jpg


ソフテイル系であれば、どれも高い評価を受けておりますので
装着して頂ければ、なるほど!!と、ご理解頂けるはずです。

ご購入は、ハーレー・ディーラー若しくは、各ショップにお問い合わせ下さい。

関西では、ハーレー東大阪様、奈良様、テイク様、神戸様や特に千葉の幕張様では
即!取り付けて頂けるはずですので、一度お問い合わせ下さい。

by okugake | 2014-05-08 20:41 | パーツ

キャリパー・サポート製作。。

気が付けば、、、もう完成間近って感じ、、、で。
a0047220_1946512.jpg



キャリパー・サポートです。。。パウダー塗装で、男のマッドブラックに!!。
a0047220_19121284.jpg




純正っぽく地味に仕上げる理由は、派手に肉抜き加工すると、レーシーな感じで
走り屋でもないバイク(ハーレー!?)は、そこだけ浮くからイヤなんですって!。
四角の凹は、硬鉄ラベルの取り付け用ですから~~。(笑
a0047220_19142075.jpg


オーナーさんは、なかなかセンスがイイ、、、僕もそう思うわっ!。

by okugake | 2014-05-07 19:25 | パーツ

ピストン加工。。

非常にレア!?な作業で、、、御座います。


ピストン加工て感じで、、、ゆっくりと釜で均等に熱を通して・・これ大事!。
a0047220_1052556.jpg



釜から取り出したら、速攻!これもポイント!、、、優しく!溶接しましょう~。
a0047220_10522289.jpg


専用の溶棒は、20年程前にドイツから取り寄せたレア!?な逸品。

by okugake | 2014-05-05 10:55 | 製作・加工

温もりを感じるオリジナル・シート。。

物作りで一番難しいと思うことは、トータル的なセンスだと思う。
a0047220_163402.jpg



カスタムで、図面の寸法通りに作るの常識ですが、どこかに温もりを感じたい!。
a0047220_1691338.jpg



冷んやりとしたビレット製品も良いけど、フリーハンドの手作り感が欲しい。
a0047220_1695481.jpg



他かがシートですが、シートベースは一枚の鉄板を叩き出して作る。
a0047220_16102041.jpg



ピボットはビレットで作るも、各小物は全てフリーハンドの手作りです。
a0047220_16104811.jpg



鉄やステンレス、真鍮、銅など使用することで、冷たいメカメカしさの中にも
どこかしら手作りの温もりを感じることが出来る。
a0047220_1613738.jpg



製作中の過程で、生み出されるバランス&センスが、大事だと思うのです。
a0047220_1613239.jpg


見えないところにこそ!拘りたいものですね、、、。。。

by okugake | 2014-05-02 12:25 | パーツ

ハーレー・エンジン・ケース修理。。

エンジン・ケース側のネジ山が、モゲてるし、、、なんでやねん!。(泣
a0047220_2001074.jpg



これって、、、文句言いたいけど、どこにも言うていくところ無いし。(滝涙
a0047220_18555678.jpg



ドリルで真っ直ぐに穴あけるって、これが超!難しいんですよ。
a0047220_18595885.jpg



で、、、タップも同様に真っ直ぐ通すってヤバいんとちゃいますやろか!?。
a0047220_1914272.jpg



そしてリコイル(スプリュー)を、取り付け後に先端のタングを折って
取り除くんですが、、、これも最高にメッチャ!ヤバいんですよ。
a0047220_19144473.jpg


万が一!エンジン内部に落ちると、ステンレスのため磁石に付かへんし
オイルポンプにでも入った日には、、、想像するだけでも”滝脂汗”や!。

でもそんな素人ミスは、起こしませんよってに~、、、。(笑
a0047220_19201521.jpg



当たり前ですが、直角に!真っ直ぐボルトが立ってるから”合格”、、、て感じで。
a0047220_19215571.jpg



この作業は、単純ですが、、、実は熟練の技かもしれないなぁ~~多分!??。

by okugake | 2014-05-01 19:42 | 修理&メンテナンス