オリジナル・エキパイ。。


オリジナル・独立エキパイですが・・・・・

a0047220_2273072.jpg



硬鉄としては、大胆なデザインは、好まないし作らない。
どこから見てもスタンダートなデザイン、、、といいますか、忠実に純正ラインを守る。

a0047220_22132792.jpg



でもエキパイの太さが違う!ところが・・・これが、、、硬鉄流なのですよ。。
等長では、どうしてもラインに無理が出るため、等圧で作るんです!。

a0047220_22142438.jpg



これによってパワー感は体感しづらいが、より歯切れの良いレスポンスが
保障される!ということですよ。

a0047220_2217097.jpg



エレガントで力強い本格的なストリート用サイレンサーに走る後方から
聞こえるサウンドは、亡き”グスタフ レオンハルト”が奏でる神韻たる
チェンバロの世界に共通してようだ。

a0047220_22172440.jpg



その音色に雑音は、一切無く・・・男性的なサウンドに仕上がった。

a0047220_22174569.jpg



んで・・・・・エンジンかけて、、、ほっておくとご覧の通り~!!・・・

a0047220_22184255.jpg



ビューティフルな真っ赤に焼けるエキゾースト・パイプがたまらない!。

a0047220_221989.jpg



金属の焼け具合が、、、男を感じさせてくれる。。。(笑

a0047220_22192422.jpg

by okugake | 2013-11-30 22:29 | パーツ

硬鉄オリジナル・ミラー。。

喜びの瞬間は、ある種の驚きをもって価値観が見出される!と硬鉄は、考えている。
オリジナリティーと現実的なデザインの狭間で、どうしても少数派のハード・コア向け!?
と、、、硬鉄のパーツは、思われがちですが、そうではありません!!。

確かに丹念に手作りされるパーツだけあって
「妥協しない、徹底した筋金入り!」=hard-core、、、向けと思われている。

a0047220_12465670.jpg



ですが・・・・・この商品も完全な”一般向けパーツです!”。。。
私個人的に好きなパーツですが、、、これもまたハンドメイドです。(笑


a0047220_1247388.jpg


このオリジナル・ミラーは、冶具を作りスムーズな生産に心がけています。


a0047220_12482739.jpg



ところでこの部分!を作るのが、大変でして、見る人が見れば分かるんですが

a0047220_1249679.jpg



この部品”ミラーボス”が、”一番なんぎ”ですねん。(滝汗

a0047220_12493417.jpg



頑張って月産、、、ぬぁ~~とたったの3~5台と激少量生産です。。。(泣
て、、、少な過ぎるやろ!マジあかんやろ!!。(滝脂汗、、、

a0047220_1250986.jpg



こんな感じで懲りもせず!?ハンドメイドで作り続けております。(苦笑

a0047220_12504963.jpg


オールステンレス&真鍮製のオリジナル・ミラーを、皆様どうでしょうか??。

by okugake | 2013-11-23 13:15 | パーツ

ガテン系のパーツ。。

油の匂いが充満する硬鉄の工場内で・・・ある人は、エスプレッソの香りに満ちた
心地よく、たまらないエクスタシーを感じるといって、この香りを求めてくる。(笑

ガテン系の硬鉄、、、すなわち肉体労働者に取って苦しみ・・・悩むことが多い。
実は・・・・・時間の多くをデザインで苦しみ・・・悩むのである。。。(滝汗

a0047220_17334465.jpg



デスクワークを苦手とすることから、出来る限りデザイン図や寸法の指定が
欲しいと願いながらも、全てデザインから寸法まで、お任せになってしまう。(泣

a0047220_1734821.jpg



特に長い歴史のハーレー・カスタムにおいて、独自のスタイルを生み出そうとしても
過去に同じようなデザインは、沢山あって・・・思うほどに時めいたデザインは、なかなか
生まれてこない・・・厳しい現実にいつも直面している。。。

a0047220_17343151.jpg



確かに機能無視すれば無限のデザインも、安全性や機能美を追求するとなると
やはり限界を感じてしまう。

私の小さな脳みそで、形作り最後にスパイスを加えるのだが、いくつもの変更も
余儀なくされる現実から逃げれることが出来ない。

a0047220_1735881.jpg



あくまでもクラシック・スタイルを前提として進化させるべく!考えるのだが時には
製作時間をはるかに超えて、デザインを試行錯誤する時間の方が長いという現実。

やがて一番難問の納期という怪物との戦いが・・・・・。。。(滝脂汗

by okugake | 2013-11-20 17:54 | パーツ

ブレイクアウトのリアサス・・・。。

今年販売された「ブレイクアウト」にも、高い評価を受けるオリジナル・サス!。

a0047220_1235191.jpg



最近やっと知名度も出てきたのか・・・チョロチョロと注文が入ってきます。

a0047220_12417100.jpg



ところでブレイクアウトですが、乗り心地が宜しく無いためにオリジナル・サスの
取り付けも増えてきております。

メーカーさんには、有る意味・・・有り難いことだと感謝せねば!!。。(笑

a0047220_1253167.jpg



んで・・・ついでに、、、気持ち(15mm)程のローダウンも以外に良い感じで
乗り心地良好のWな喜び!!車両は、GOODOM≪グッダム≫ 様より。


a0047220_12132527.jpg

by okugake | 2013-11-19 06:39 | パーツ

新井ショック!。。


カスタムであっても性能、乗り心地は、妥協せずに機能パーツを
”こっそり”作り続けております。。  硬鉄でっす!

その中でも、このソフテイル用のスプリングは、高評価をいただく
パーツで御座いまして自信作の一つです。。

a0047220_1924676.jpg


乗り心地が格段に向上!!路面凹凸のドッカ~ンと突き上げも無く
気持ちの良いライディングを保障いたします。

その乗り心地を体感された方から「新井ショッキング!」・・・???
もとい!!「新井ショック!」と言われ、、、いろんな意味も含めて
新井ショックです。。(笑

a0047220_1931574.jpg


カスタムとは、自己満足の中に美を求めるから、、、こそ・・・これからの時代は
”機能美”!を追求してはどうだろうか?・・・・・・どないでしょうか!??。

a0047220_1911589.jpg


バッチリ仕上げられたトライクに新井ショック!を装着しました。
オーナーさん・・・試運転後に顔が、”ゆるんで”いた。。。(微笑

by okugake | 2013-11-16 19:19 | パーツ

スポーツスター・オリジナル・マフラー完成。。


2004~2013 スポーツスター用 オリジナル・フルエキ・マフラー完成!。
オール・ステンレス製で、出口はブラスの削りだしハンドメイド品です。
a0047220_17221045.jpg



デザインは、決して流行を追いかけず、あえてシンプルでオーソドックスに!。
音量は、純正より”ズ太く心地良いサウンド”で、決してうるさくなく、社外品の中では
マイルドで環境や周りに優しい!乗り手には、もっと優しい!仕様にした訳とは?
a0047220_17223834.jpg



爆音にすると、初めは良いけど、やがて音で疲れてしまう。
それに恥ずかしくて嫌になってくることを考えれば、自ずと答えは出てきます。
※マフラー出口のデザインは、あくまでサンプル製作いたしました。
a0047220_17301996.jpg



上品な大人のマフラーということでしょうか~~。(笑
高品質で飽きの来ない、長く愛用してもらえる!ことを第一に考え製作しました。
※マフラー出口のデザイン&素材は、ご注文者に合わせて、ワンオフ製作して
出荷いたします。
a0047220_17234948.jpg



コストを無視し、限定10台のみ製作です。 通販も可能です。
(※電話、メールにて!お問い合わせ下さい。)

by okugake | 2013-11-10 06:30 | パーツ

サジ加減が大事!。。


カスタム・パーツも作りますが、”お助け製作加工”も得意な硬鉄です。
a0047220_12195776.jpg



二個一や三個一のプロペラシャフトもお得意な加工の一つです。
a0047220_12202725.jpg



部品作って、圧入して、芯出しして、、、バランス取って・・・完成て感じで。
a0047220_12221565.jpg




剛性を必要とする自動車のロッド部品製作も定期的に注文が入ります。

今回は、S45C丸HやSCM435、SKロッド材では無く、一般的なS45Cですが
真空や高周波等の焼入れをすると、細いため弓なりに歪むので、使い物にならない!。
a0047220_1230556.jpg




歪を出さないように昔ながらのやり方で焼き入れも、硬度的には劣るがやむを得ない。
a0047220_12311794.jpg




全体を柔らかい色にするのがポイントで、このサジ加減をミスると逆効果になる。

a0047220_1226417.jpg



後は、一気に油で冷やして完成。。。

by okugake | 2013-11-09 12:44 | 製作・加工

ATコンバーター。。


ATコンバーターのメタル製作修理。。。

a0047220_934416.jpg



非分解をバラして、、、、、加工・・・製作して、、、、、。

a0047220_943422.jpg



歪まないように溶接て、、、、、、。

a0047220_95967.jpg



修理完了!!。

a0047220_954474.jpg




で、、、割れたケースも修理して、、、、。

a0047220_961291.jpg




修理完了!!。

a0047220_964465.jpg



a0047220_9141878.jpg



でわ~・・・・・これから納品に行ってきます!!。

by okugake | 2013-11-05 09:16 | 製作・加工

スズキSW-1のスプロケ。。


バブル末期に”最後の申し子”と言える”スズキSW-1”は、1992年に発売され
250ccで680000円の高値とレトロデザインが外れて、短期間で生産が終了した。

a0047220_18403686.jpg



20年を経過した現在では、純正部品の生産中止が、目立つようになって
このスプロケットも欠品となり、硬鉄が再生を担当することになったわけです。

なんでここまで破損するのか?完全に山が減って、、、ガタガタの状態だ。

a0047220_1843756.jpg



ギア側のスプラインとネジ部も使用不可ですが、これはまだ新品部品が手に入る。

a0047220_18434616.jpg



a0047220_18443021.jpg



スプラインのキッチリした寸法を割り出すため、生きていた根元をカットして測る。

a0047220_1848187.jpg



母体を綺麗に洗浄して、、、いつものようにワンオフでスプライン部品を作り
焼き嵌め圧入!!・・・復元して・・・・・いい感じ、、、。

a0047220_18494435.jpg



抜群のクリアランス!!は、我ながら、、、あっぱれ!て感じ、、、。

a0047220_1850920.jpg



裏側に4ヶ所のピン加工は、何となく内緒で、、、んねん。(笑

a0047220_185353100.jpg



耐久性も確保してバッチリ完成!!・・・・・て感じです。。。

by okugake | 2013-11-01 03:31 | 製作・加工