カテゴリ:修復作業( 18 )


2017年 03月 17日

トマゼリー・セパハン・アルミ鋳物修理。。

注意!初めに当ブログで修復作業を紹介しておりますが、先日のこと
四国のお客様からの感想を聞いて、、、、、少し驚きました。。。
特殊な修理に馴染みの無い一般ユーザーから見て、、、いとも簡単に
直せるんや!と見えてしまうようですが、どれも簡単では御座いません。
溶接や加工以外に写真はお見せ出来ない多くの裏技を要し、完璧な仕上げを
お目指して時間をかけており、断りたい!!!修復作業ばかりなんですよ。

と、、、言うことで、、、、、、

当時モノでレアなパーツで有り、リスクのことを考えるとやりたく無い。
と言うことで、、、一度お断りいたしました。。。
a0047220_20592951.jpg


そんなに期待されても、、、、、困りますし、、、、、
a0047220_20595029.jpg


それに作業を受けて、、、結局直せませんでした、、、て、、、
そんなカッコの悪い、、、恥ずかしいことも出来ませんやろ、、、
断ることも大事な、、、作業だと思える歳になりました。。。
a0047220_2101179.jpg



依頼者より・・・もう壊れてますから、直るかもしれない可能性に賭けます。
直らなくても、潰れてもイイです!!!。。。なんかそこまで言われると、、、

なぜ!クラックが入ったのか?原因を理解する必要があり
どのような直し方がベストか?我が頭の中でシュミレーションをする、、、。
これが一番大事な作業かも知れません。。。
a0047220_211875.jpg


今回のシュミレーションでは、このような修理イメージが思い浮かび
出来る限り薄くして、0.2〜0.5位まで追い込む。
この部品は強度不足であり、クラック部分だけの溶接だとまた割れる
可能性もあるので、このように大きく全体的に肉抜きしてから修復する。
a0047220_212556.jpg


この部品は、ボルトで締め込む固定部のため、力がかかる部分です。
鋳物系は、溶接により気泡が発生する、、、場合によってはそれが
クラックの原因となり、締め込んだ時にまた割れることもある。
a0047220_214116.jpg


実は表側よりも裏側は、テーパーのかかる台形ホールのため、仕上げは
非常に難しく、寸法の変化は許されない部分であり、出来る限り溶接の
裏肉は出さない方がベスト!と言える。
このサジ加減が、、、後の作業にとって大事なこと。
a0047220_2155733.jpg


削って、、、磨いて、、、こんな感じで、、、最終仕上げは
ブラストでオリジナル同様の肌に仕上げます。
a0047220_2163485.jpg


要注意の裏側のホールも、、、バッチリいきました。
a0047220_21747.jpg


デザインを損なわないよいに、バレないように全体に!分厚くして
強度アップしました。
(手前も奥も修復した下部と上部ラインをよく見ていただくと段差が
分かりますよね、、、分厚く致しました。)
このような地味な作業程、、、実は大事であり経験がモノを言います。
a0047220_2174367.jpg


by okugake | 2017-03-17 07:00 | 修復作業
2017年 03月 13日

ビューエル・シリンダーヘッド破損修理。。

軽い転倒だったにも関わらず、、、この状態になってしまった。
やはりバイクは、ちょっとしたことでも重大なダメージを受ける。

ビューエルのヘッドが、、、このように吹っ飛んでしまった。
普通は心も一緒に折れて諦めるんですが、、、中には諦めの悪い
オーナーもいて、、、なんとかして!て方が、、、おられます。

破片が有る無し関係なく、この状態でしたら、どちらにしても
作り直した方が強度も有り安心です。
a0047220_7464080.jpg


同車の写真や現車等で形状確認して、、、
a0047220_7344849.jpg


こんな感じで、、、作り上げて、、、
a0047220_7514366.jpg


歪んだエンジン・ブラケットの微調整をして、、、
a0047220_736439.jpg


やっと、、、完成です。。。
a0047220_737156.jpg


by okugake | 2017-03-13 04:02 | 修復作業
2017年 03月 10日

エンジンのフィン修理、、、て感じで。。。

シリンダーのフィン修理は、、、、、
さほど難しい!?という作業では御座いません、、、。
修復作業の中では、簡単な部類ですが、「面倒クサイ!」んです。
a0047220_21485836.jpg


何が面倒クサイ!??かと言いますと、アルミ鋳物特有のアレ!が
突然現れるんですよ!鋳物の異物が溶接の熱で気泡発生しプツプツと穴が、、、。
(溶接では出ませんが、内部に潜んでいて、表面を削ると出てくるんですよ。)
これくらいエエやん!とか、気にしない方は、、、幸せでしょうけど
自分はアカン!絶対にアカン!のです。
a0047220_21492753.jpg



なんか気持ちがモヤモヤして、イライラして腹が立つんです。。。
居ても立っても居られないからやり直す、、時には一から作り直すこともある。
a0047220_21503653.jpg



要するに自分の性格が「一番面倒クセ~~!!!」ということですよ。
a0047220_21505942.jpg



では、、、こちらも直していきましょうか、、、。。。
a0047220_1791690.jpg



一段づつ仕上げるんが、、、溶接しては、ヤスリで、、、ちまちまと削って。
a0047220_1736219.jpg



溶接で肉を重ねては、、、ヤスリで削って、、、とにかく暇がかかります。
a0047220_1736431.jpg



手作業での”ヤスリがけ”は、「基本中の基本」ですから、職人のレベルが
ハッキリと分かりますし、非常に繊細な作業なんです。。。
自分が丁稚の頃は、、、加工や修復最後に「仕上げ士」がいて、全ての作業の
達人ですが、とにかく怒る!いつもの鬼瓦で、、、時々普通だったりして、、、
なんとなんと、、、運悪く?その人の下についてしまった。
おかげで、、、ヤスリがけやシカラップまで叩き込まれた。。。
a0047220_17365730.jpg



こちらのフィンも直しましょ~~~よ。。。
a0047220_17382978.jpg


このような機械では直せない作業こそ、腕の見せどころなんですね。
a0047220_17384027.jpg

「自分が納得出来た!」時点が完成ですから、、、時間を気にしてたら
良い仕事は出来ません、、、が近年は、そうはいかなくなってしまった。
数年前から、、、手離れの悪い作業やワンオフ製作から、、、離れたいと
思うようになった、、、ある意味、、、時代の流れかも知れませんね。。。

by okugake | 2017-03-10 06:00 | 修復作業
2017年 03月 08日

クレーンで吊ってGSXハヤブサ修理。。

これからお見せする作業は、前回同様に基本から外れているため
参考にしないで下さい!!! 悪しからず、、、です。。。

部品が付いているまんまの、、、この状態で持ち込まれたバイク、、、。
バラすの面倒クサイって感じで、、、付いたままの作業が多い。
まあ〜要するに前回同様、、、でして、、、
部品を外すの手間でしょう、、、バラすとお金かかるでしょう、と言うことで。
a0047220_17393612.jpg


GSX1300Rのフレーム・リアサスペンション取り付け部の修理ですが
a0047220_17394665.jpg


この手の修理は何度かやりました。。。
a0047220_1741281.jpg


サスペンションと取り付け部の間に薄いシムが、挟み込まれているんですが
サスペンション脱着の際にポロリと落ちて、気が付かないまま組み付けて
しまうと、このようにポキっと折れてしまうんです、、、。。。
a0047220_17415254.jpg


このようにクレーンで吊り上げて直立的姿勢は、溶接がやり難くて大変です。
フレーム単体だとほんと簡単なんですが、当然ながら、殆どの部品が付いている
状態での溶接修理は、ガンガン熱を掛けれないし、まわりの部品やアームの
ベアリング等にも優しく対応しなければなりませんから。

溶接一発目は溶け込みバツグンの溶棒を使い、2番手は鋳物インゴット棒で
シッカリと溶け込まして、3番手は強度バツグンの超高価なドイツ製でフィニッシュ。
a0047220_1742157.jpg


クリアランス確認して、、、塗装してバッチリ完成です!。
立ったまま下から上に向かっての溶接修理は毎度のことですが
首、、、腕、、、ほんと!ダルいって感じで、メッチャしんどいです。
そろそろ断ることも大事なことだと思えるようになりつつあります。
a0047220_17421169.jpg


by okugake | 2017-03-08 02:16 | 修復作業
2017年 03月 06日

クレーンで釣り上げてハーレーを修理。。

これからお見せする作業は、、、絶対に!絶対に真似をしないで下さい。
非常に危険を伴い、最悪の場合は、いろんな意味で、、、全てを失います。

では、、、では、、、

業者様から、、、硬鉄さんなら、なんとかなると思うんで、直して下さい!。
a0047220_1737788.jpg



エンジンのケースが、、、なんとなんとフル!ダメージですやん!。
a0047220_17371914.jpg



走行中に異物を踏んで巻き込んだそうです、、、お気の毒と言いますか
なんでこうなるの???こんなことって有るんですか???
ある意味、、、もの凄〜〜い、、、確率ですよね。
オーナーさんには申し訳無いんですが、もう笑うしかないって感じで。
a0047220_17373268.jpg


え、、、え、、、なんて、、、なんですって、、、、、、
エンジン外すと手間でしょう、、、バラすとお金かかるでしょう、、、
この状態でお願いしますよって、、、、、アカンて、、、。

まさかの、、、エンジンを外さずに、、、バラさずに、、、この状態で直してと
言われましても、、、困ります、、、無理!無理!絶対に無理です。。。

無理と言い切っても、押し切られてしまって、今度はこっちが泣くはめに、、、。
クレーンで吊り上げて、、、下から上に向いて溶接って、、、アカンでほんまに!。
ヤバいっでしょっ!!オイル等がたれてくるし、炎上したら、誰が責任取るのよ?。
a0047220_17375868.jpg



特殊な手法をつかって低温溶接でゆっくり、、、熱がたまらないように
ゆっくり時間をかけて、穴を埋めて、、、穴を開け直してネジ切って。
首、、、ダルい、、、腕、、、ダルい、、、非常に疲れる。。。
なんと言っても精神的に超!!疲れました、、、でこの通り完成て感じで。
a0047220_1738896.jpg

エンジン内部に残ったオイルは、ガソリン等も混ざっていて万一
火がつくと、消すことは難しいでしょう、、、。。。
以前に聞いたことがあって、、、エンジン溶接修理中に炎上して
工場までもが全焼したそうです、、、恐ろしいことです。。。(怖

by okugake | 2017-03-06 05:55 | 修復作業
2017年 03月 04日

スポスタのシリンダーヘッド修理。。

仲の良いショップから、、、携帯に写真が届く。。。
下の写真がモロ!その写真ですが、、、。。。
a0047220_16102438.jpg

V、、、「直りますか?」
私、、、「これ?なんですか???」
V、、、「スポスタのヘッド、、、ボルトが折れた、、、。」
といってもV氏が折った訳では有りません、、、お客様(オーナー)が
サンデーメカニック中に運悪く折ってしまったそうです。

2~3日後、、、
V、、、「お客様が知り合いの修理屋さんで直すそうです。修理は無くなりました。」
私、、、「良かった!ほんと!助かりました。奥側は厄介なんですよ~~。」

逆に私は、、、Vに「キャンセルしてくれて、有り難う!」と。。。

で、、、で、、、数日後、、、
V、、、「修理屋さんがお手上げで!ヤッパリ直して!!」と。。。
私、、、「え~~~~~マジですか!???」

ところが、なんやら無理やり掘った跡が、センターもズレて長穴ぽっくなってるし
このような仕事の流れ、、、嫌いです、、、余計に作業がやりにくくなってるし。
a0047220_16205540.jpg


穴が大きくなってしまったことと、ここはスタッドボルトなので
リコイル(ヘリサート)仕上げをすることに、、、修理を開始するも、、、
a0047220_16222713.jpg


エンドミルの刃先が潰れる、、、、、ハーレーのボルトてそんなに固かってっけ??
ハイス鋼の刃物で再チャレンジ、、、ゴリゴリと刃先がヘタる。。。もしかして!!
a0047220_16241191.jpg


既に、、、手遅れでした、、、修理を受けるんや無かったと後悔の波が押し寄せる。
修理屋さんが、逆タップを折っていたんです!!!知っていたら受けなかったんですが。
青丸がボルトで、まだ残ってて正規位置ですが、赤丸が折れた逆タップはズレてるし。
逆タップの素材は、一般的に超硬材といわれ、手の打ちようが無い!!!。
それに固着したボルトを抜くために「逆タップ」を使用するんですが、私の長い
経験でも、、、逆タップで固着したボルトは、、、一度も外れたことが無く
今回のように無理に回すと、、、殆ど折れるんです。。。
a0047220_10354338.jpg


もうお分かりですね~~~普通では絶対に直りません!逆に潰されてしまってる。
こうなることだけは避けたかったんですが、、、赤丸がボルト穴の底ですが
ここまでホジくらないと、元のボルトも逆タップも取り出せなかったんんです。
a0047220_10372258.jpg


で、、、やっと!取れました。。。
これが犯人です。。。角型タイプで、ボルトに穴を開けてカチ込んで回して
抜くんですが、、、今回のようなボルト折れは絶対に外すことは出来ません!
カチ込んだ際にボルトが外へ広がり、余計に噛むんですよ。。。
なので無理に回すと折れます、、、というか今回は斜めで折れたんですが、、、。
a0047220_16474358.jpg


参考までに、、、このような角型です。。。
a0047220_16475319.jpg


取りあえず、何とか直して、、、
a0047220_16485573.jpg


穴あけ用の治具を作って、、、
a0047220_1650151.jpg


下穴を開けて、、、
a0047220_16503173.jpg


やっと、、、、、、完成!!!て感じで。。。
a0047220_16491175.jpg


※他のやり方として、放電も有りますが、このような複雑な角度の場合では
正確な治具の製作が必要で、コスト的にも合いませんし、恐ろしく高額です。
それにみんな!やりたがりません、、、と言うより断られますけどね。。。
a0047220_16515643.jpg


by okugake | 2017-03-04 09:58 | 修復作業
2017年 03月 02日

重症シリンダー・ヘッド修理。。

このように重症なヘッドのスタッド・ボルト修理も、メールのやり取りでは
比較的問題なさそうに思えた作業が、、、現物が届きボロボロって感じで
なんでこうなるの???状態です。

いつも言っているんですが 、重要なのはトラブった後の対応が大事です。
トラブルの大半は 何らかの人的ミスから、重大なダメージと発展する。
それを直そうとして、より一層激しく潰すんですね、、、これも人的に
起こす最悪の状態で、早い話が直せないくせに直せると思い込む方々が
引き起こしたケースですので、、、よくご覧ください。。。

スタットボルト面や穴を見ていただくと、ガタガタで酷いもんでしょう!。
a0047220_21534484.jpg


斜めにリコイル(ヘリサート)を、打ち込んでサイドに穴が開いてる、、、。
a0047220_2154297.jpg


折れたボルトが中で残っていたにも関わらずドリルで掘るもんだから
柔らかいアルミにドリルが横に逃げるんですよ、、、これ常識ですから。(苦笑
a0047220_2154534.jpg


側面を削り落として、中途半端に残ったボルト類を取り出していく。
a0047220_21554639.jpg


とことん折れたボルトを穿り出す!ことが、一番の仕事かもしれないなぁ。
a0047220_21574858.jpg


こんな感じ、、、ボルト破片が残っていたりで、、、。。。
a0047220_2158643.jpg


やっかいな修理を受けてしまう自分自身に・・・いつも後悔先に立たず。
a0047220_21583642.jpg


一気に溶接するのではなく、本体を釜で焼いて熱が分散することで
歪みを出さないように、、、これも感覚だけが頼り。。。
a0047220_21585988.jpg


以外に時間が掛かってしまうが、、、これが一番大事なポイント!!
手仕上げで出来る限り、元の形状に仕上げていく。。。
a0047220_2215771.jpg


冶具を作り、キッチリと穴あけ加工にタップ加工と丁寧に仕上げていく。
a0047220_2222390.jpg


取り合えずキッチリと復元しましたけど、、、いつも思うことですが
a0047220_2225326.jpg

どこのショップ?はたまた素人工?の仕業か、、、分かりませんが
一言言いたい、、、余計なことをするな!自分に技量を知れ!と、、、。

by okugake | 2017-03-02 08:30 | 修復作業
2017年 02月 16日

絶版部品のロット復元。。

旧車のミッション部品です。。。
このロット、、、既に廃盤、、、絶版部品です。
a0047220_9401469.jpg


ボルト部が折れてしまって、、、どうにもこうにも、、、
他かがロットですが、これが無いと、、、ミッションが組めません。

おまけに鍛造の焼き入れロットですから、溶接修理しても
間違いなく!!また折れます。。。
a0047220_9402777.jpg


修復作業の工程は、一般の溶接屋さんからは、想像もつかないやり方で
工程をふんで復元いたしますが、、、残念ながらお見せ来ません。(苦笑)

硬鉄では取引先が、お困りでどうしても!の場合は、全力で対応させて頂きます。
(一般ユーザー様からは、たいてい、、、お断りする場合が多いです。)
a0047220_9414726.jpg


今回もバッチリ!テンパ仕上げで、強度もほぼ同等に修理しました。
a0047220_942098.jpg


by okugake | 2017-02-16 09:50 | 修復作業
2016年 12月 16日

ダイカスト系の修復。。

自動車の部品です、、、が
コッパみじん~~て感じで。。。
a0047220_13342017.jpg


取りあえず、、、修復完了!!て感じで。。。
a0047220_13353771.jpg


a0047220_13355187.jpg


by okugake | 2016-12-16 13:36 | 修復作業
2016年 12月 05日

パンのシリンダーヘッドが、、、。。

パンのシリンダーヘッド、、、よく有るクラック修理です。。。
a0047220_1772960.jpg


2気筒ともクラックはかなり深いんですが、、、思いっきりエグリ取れば
そんなに難しく無い、いつもの溶接修理で、直ぐに終わる作業と思っていた。
a0047220_1773845.jpg


シートリング痩せが酷く打ち替えと面研やバルブ&バルブガイドなども
完全オーバーホールすることに、、、ところが、、、ところがや!!!!!!
このヘッド!要らんことをしていた!ポートを極限まで広げていたようです。
特に排気側が酷くて、、、チューニングされていたようです。。。
a0047220_12382276.jpg


そのおかげで、ご覧の通り肉が残っていないどころか、無い〜て感じで
後々、、、使い物にならないことも多いようです。。。
a0047220_1238375.jpg


リング破片を完全に取り除かないと完璧な溶接肉盛りが出来ないため
小型のリューターにダイヤモンドカットで、削り取るんですが
殆どが鉄粉と化す、、、でも形の残った破片はこんな感じです。。。
a0047220_12415477.jpg


壁面は穴ボコでも、、、これでやっと綺麗に溶接できるんですよ。
a0047220_12454046.jpg


肉盛り修正の写真を撮る余裕も無く、それほど面倒な作業ということです。

想定外の修復作業でしたが、綺麗に復元出来て良かったです。
a0047220_1249171.jpg


a0047220_12492833.jpg

今回は、、、ほんと!やれやれって感じで、、、。。。(苦笑

by okugake | 2016-12-05 05:31 | 修復作業