カテゴリ:マニアック( 24 )


2014年 10月 29日

昭和の申し子 ホンダCBX400。。

昭和が一番輝いていたころにホンダCBX400は誕生した。
ホイールにしても、金かかってるなぁ~、、コスト無視やね。
a0047220_812888.jpg


このテールランプなんて最高やないですか!!
ウインカー一体型なんて・・・今見ると新鮮です。
a0047220_831392.jpg


手曲げの集合管がイイ感じで・・・・・・。
a0047220_844729.jpg


by okugake | 2014-10-29 08:08 | マニアック
2014年 08月 31日

愛しのボロ!。。

「ボロ」というのはけして悪口ではありません。
a0047220_10403726.jpg


時代を共に歩んできた傷も味であり、形有るモノはやがて土に帰る、、、。
にも関わらず、現存することに価値が有る!それらをひっくるめ愛情を
込めて私はボロと言い、その中でもオンが付くボロから・・・最高レベルの
「腐れオンボロ」とランクが御座います。(笑
a0047220_10411739.jpg


気合の入った魅力溢れるヤレ具合(くたびれ方)のバイクや車に出会うと
自然に顔の筋肉が緩くなって、、、微笑みにかわるんですよ。(笑
a0047220_10415183.jpg


もともと外見が極端に換わるカスタムは好きでは有りませんが
理に適っていて純正よりも優れていれば、、、それはそれで良しとします。
a0047220_10411782.jpg


なるべく外装は純正の形を保ちつつ、まずはキッチリ走るためのメンテナンスや
a0047220_10442660.jpg


チューニングをおこなうことで、中身は新車以上のコンディションを保つ!。
(1972年 BMW2002 アルピナA4ベース ステージⅡ。)
a0047220_10445738.jpg


おしゃれは下着から!と言いますやろ~~。(笑い
(1970年前後 日産ワークス・L型クロスフロー・ツインターボ。)
a0047220_10442070.jpg


ま、人間も健康やないと、おしゃれも!遊びも!出来ませんやからね。
(1973年 カレラRSライトウエイト 3.2L Racing 各部マグ多用で
エンジンカバーは・・・なんと黄色いケプラー。)
a0047220_10451814.jpg


昭和の名言で「襤褸を纏えど心は錦」、、、ボロは着てても・・・心は錦・・・。
昭和の皆さんが貧しかった時代の象徴とも言えるのですが、だからこそ
モノを大事にする!良いモノが生まれる!Made In Japanと言うより
Made In 昭和!が正解かも、、、でも現代においては通じませんけどね。

by okugake | 2014-08-31 11:26 | マニアック
2014年 07月 27日

味わい深いラビット・S72。。

ラビット・ジュニア・S72・・・。。。
時代を生きてきた姿は終焉にも見えるが、実は新たなる鼓動の始まりである。
a0047220_1131248.jpg



1957年、昭和32年式、オリジナルな状態を維持していることを思うと
a0047220_11324100.jpg


正しく!程度極上!!であることは間違いの無い事実であろう。。
a0047220_1052522.jpg



この美しき姿は、、、誰も真似が出来ない!!。
a0047220_10575744.jpg


いや!真似をしたくないという意見が、多いのも事実なのだが・・・。
a0047220_10584046.jpg



今回の修復作業の中でスクリーンを取り付けることは難問であった。
a0047220_10305590.jpg


社外品の新品部品はいくらでも入手可能だが、その部分だけが
新鮮で光り輝くことに誰しもが違和感を感じるからだ!。

そこで硬鉄の手法の一つである・・・当時風に強制的仕上げをすることとなる。
a0047220_115448.jpg



新品部品にブラスト後、液体を塗ることで短時間に錆させることが可能だ。
a0047220_1039537.jpg



約1時間後の姿がこの状態ですが、時間を掛ければその分、シッカリ錆びるのだ。
a0047220_10425967.jpg



実際に取り付けると、、、自然な感じで溶け込んでいるではないか!?。
a0047220_10461762.jpg



スクリーン本体もヒートガンやスコッチ、溶液でより一層の風合いを引き出す。
a0047220_10492981.jpg



ワインのティスティングすると、、、シルクの如き舌触りに秘めた力強さに
a0047220_119086.jpg



酸も、、、タンニンも、、、果実味も、、、
まろやかな重奏的かつ複合的な柔らかく全身を包まれるような味わいを感じる。
a0047220_1191368.jpg



まだ!完熟状態では無いがゆえに・・・新たな夢路は始まったばかり、、、。
a0047220_1193364.jpg


その夢は未来に向かってどのように進化していくのであろうか・・・?。

一通りの作業が終了しました、、、明日納車で御座います。

by okugake | 2014-07-27 11:30 | マニアック
2014年 06月 05日

ラビット・ジュニア・S72。。

この瞬間、、、時間が止まった!。。。

この光景を目の当たりして私の胸は、いやおうなく”トキメいた”のであります。

それは、、、可憐にも優美にも近い感覚であろうか。。。


ラビット・ジュニア・S72(125cc)は、1957年、昭和32年式である。
a0047220_19542562.jpg



今から57年前に生産された”貴重な一台”、、、言うまでも無く激レア車だ。
a0047220_1955392.jpg



恐ろしく!!「保管状態が良好」であり、イイ味が出ていることに
今でも、枯れずにその存在感を保持していることが、素晴らしい!。
a0047220_1956280.jpg



この状態は、まさに芸術的、文化的価値がある!!と言い切れる。
それは、ふたつの想いが、ひとつに重なる時、美しき輝きを放す。
a0047220_19564533.jpg



自然のある種の憧憬の結晶が、そういだかせたのかもしれない。
a0047220_1958585.jpg



我々は、自然と共生しながらも自然の中で主体的に生命を、はぐくみながら
実は生かされているという現実を看過してはならない。
a0047220_19593615.jpg



未来という希望の中で、このラビットは、これからも答えてくれるであろうし
a0047220_20233.jpg


共に走り続けなければならない!と言う宿命を、私は感じるのである。

by okugake | 2014-06-05 20:20 | マニアック
2013年 12月 12日

メグロ(目黒)Z7。。


タンクを外しキャブレターをバラバラにして、、、配管やラインも掃除して
手馴れたメグロZ7のメンテナンスを行う。。。

a0047220_8174013.jpg



言わずと知れた歴史に名前を残す名車中の名車と言えるその
存在感は、恐ろしいまでの重厚感で満ち溢れている。

a0047220_8182065.jpg



その作りは、無くなりつつある日本の職人魂が、丹精込めて作る・・・・・。
ハンドメイドの数々は、もはや・・・美術工芸品に値する。

a0047220_8342176.jpg



きわめて完成度が高く、当時としては異例の耐久性を持つ。

a0047220_8205111.jpg



その名も・・・通称”スタミナ”7と言われた。。。


a0047220_8202844.jpg



これからも、、、ず~っと走り続けてくれることを願いばかりです。。


余談
このメグロ・スタミナZ7は、1956年式でフレームは、強化タイプです。
今から57年前の車両ですが、コンディションは極めて良好で、現在も
現役で爆走?しております・・・見かけたら、お声をお掛けくださいまっせ!。


 

by okugake | 2013-12-12 08:45 | マニアック
2013年 01月 19日

いちお氏とショベル。。

独特のサウンドを放す。  素晴らしい音色だ!!。
a0047220_177985.jpg


ショベル・・・この鼓動がたまらない。。。
a0047220_178320.jpg


ショベルに酔いしれる、、いちお氏。。
a0047220_1782254.jpg


後日、再会を約束し、、、夕暮れの中へ消えていった。。

いちお氏のブログ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いちお1000



Facebook
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【Auto Cootetsu Arai】

by okugake | 2013-01-19 17:15 | マニアック
2013年 01月 16日

ヤマハ・TZレーシング・ブレーキ。。

年末大掃除よりのお宝品・・・・・TZレーシング・ドラム・ブレーキ。。

このレーシング・ドラム・ブレーキを、手放す事に悩んでおりました。
a0047220_1551252.jpg


実は、部品置き場の一番奥に保管していた事は、分かっていた。
a0047220_1553358.jpg


青春の思い出の一つくらいは、残しておいても良いのでは!?と
隠し持っていたのだ。。(苦笑
a0047220_155552.jpg



このドラム・ブレーキは、TZレーサー用で、大よそ1970~1973年頃のモノ。。
a0047220_1512165.jpg


ヤマハが1960年代からヤマハを世界に知らしめた!あのTZ最高傑作である。
a0047220_157017.jpg

a0047220_157291.jpg


10年以上前までは、70年初期のTZレーサーを所有しスペアだったこのドラム。
a0047220_1582493.jpg

a0047220_1575641.jpg


このドラムを眺めていると・・・現代には無い独特の匂いが伝わる。。(微笑
a0047220_1594352.jpg


結局、持っていても仕方ないので手放す事にした。(滝涙
人それぞれの歴史が有るし・・・これも時代の流れである。。。


Facebook
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【Auto Cootetsu Arai】

by okugake | 2013-01-16 21:04 | マニアック
2012年 12月 14日

TOMOYA流・・国産チョッパーの定義。。

国産リアルチョッパーもいいと思った。。
a0047220_2127967.jpg


彼・・・TOMOYAは、私の教え子だ!と言っても・・・

大したこと教えてませんけど。。(苦笑

硬鉄のスタッフと同期で・・・同じクラスだったので交流も深いわけや!
a0047220_21272869.jpg


アメリカン=ハーレーが定説と言い切る古株とは、一線を引くTOMOYA・・。
彼自信、ハーレーもカスタムするし・・国産全般をこなすビルダーなのだ。。
a0047220_2127519.jpg


実戦に出て5年目・・・良い経験を重ねているなぁ!と感じた。
a0047220_2128477.jpg


彼と話していて、、感じたことは・・・ある部分は激しくキッチリ作り込む!が
ある部分は、サラっと仕上げる。。この”アンバランス”がTOMOYA流だ!。
a0047220_21282474.jpg


いろんなビルダーの考え方!やり方!があるから、、この歳になっても・・・
a0047220_21285171.jpg


勉強になるし、、私のエネルギー源であることは間違いないのだ!。。(笑

彼のお勤め先ショップは・・・JET CUSTOM CYCLES

Facebook
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【Auto Cootetsu Arai】

by okugake | 2012-12-14 00:00 | マニアック
2011年 08月 14日

住めば都ですねん

ムシムシ暑い夜をお過ごしの皆様、お元気でしょうか?
お久しぶりで~す~ミッチェル・ブラウン・ジュニアです。。。。

↑↑↑ ミッチェルて女性の名前とちゃうの!???でも男ですから~

ムシムシ寝苦しい。。。夜な夜な涼しくなりたければ。。。。。。
乗り切るならば。。。。。。ここ河内長野にある心霊スポットは、どうだろうか↓↓↓

a0047220_2125468.jpg


おぉ~ここがあの有名な心霊スポット・ミッチェル・ハウスですね!!

ワォッ!死人が。。。お化けが!!(・・・て確かに似ているような気がする)

て・・・違うし・・・心霊スポットでも死人でもお化けでも御座いません。
念のためにお化け屋敷でもゴミ屋敷でもありませんから~~
間違い無く私(ミッチェル・ブラウン・ジュニア)ですよ~生きてます!!
事務所?(これでもエアコン付き)でお昼寝中でごじゃるのよ。
ゴミ屋敷??。。。。。。ちゃうちゃう!事務所ですから~
え~~お化け屋敷とちゃうん?おいおい!事務所やゆーてますやろ!
うそ~~死人ちゃうの?こらこら死人ちゃうゆーてるやろがぁ!!ワッレェ~

夜な夜なラブリーな時間を

ヒンヤリ~涼しくなったところで。。。。。。
そろそろ硬鉄さんにバトンタッチしたいと思います。


************************************************


住めば都と言うことですね。初登場のミッチェルさんでした!
拍手~拍手!!有り難う御座いました。

では~これより硬鉄が引き続きブログを進めさせていただきます。


硬鉄の夜な夜な。。。。。。とは、昔から変わらぬ納車光景。。。。。。。
今や風物詩ともいえる休暇前のバタバタ劇が繰り広げられております。

先日、休暇前最後の納車であるフュージョンも
何とか間に合い休暇に入れるとホッと一息ついとります。

a0047220_13415286.jpg



このフュージョン実は、かなりの拘りスペシャルな仕上がりで
今回紹介するには、あまりにも時間が無い!?

a0047220_13422284.jpg



足回り、ブレーキシステム、ペイントなどなど大人のカスタムてんこモリ。
メンテで後日入庫しますから~ゆっくりとご紹介いたします。

a0047220_1342489.jpg





ほんでやねぁ~
学習能力の無い硬鉄とは、どんなお店か?といいますと
店内は油の匂いが漂う落ち着いた雰囲気の調理場??

a0047220_13435166.jpg



フロアーは、奥行きも広い割には、やたら機械が多くゴチャゴチャしておりんす。
2階は、レストア組み立て&車両と部品保管~それに癒しの空間!事務所あり。

a0047220_13453151.jpg



仕込み場は、取り合えず整理整頓が行き届いている???つもり。

a0047220_13455681.jpg




店は超マイペースなおっさんと寡黙な若い板前?の微妙なバランスで
切り盛りされている。


裏の第二調理場!?も超油ギッシュ。。。直ぐに汚れるのでお掃除!お掃除~

a0047220_14175334.jpg




定番メニューや日替わりランチなんてあるはずも無く
大半がワンオフ・メニューか、スペシャル料理ばかり。

高価なワインやお酒が出る訳でもありませんが。。。。。
「手間暇かかとるんやぁ!気合入れとるんやぁ!!」とばかりに
訳も無く真剣勝負するのでお会計は、いつもプレミアムなプライスとなる!?
といきたいところだが、そうもいかず。。。。。結局損してばかりの硬鉄は
格安万年赤字の不良店である!ことをお伝えしておく。

by okugake | 2011-08-14 13:36 | マニアック
2010年 10月 14日

フェラーリは~赤いサラブレット??


赤いサラブレット!!と言えば・・・・・・・

フェラーリで御座います。

これは・・・・・紛れも無くモノホンです。

a0047220_19323953.jpg






何か?おかしく無いかい???

a0047220_19331153.jpg











よく見ると・・・・・・


うぉぉぉぉ!!!!!!!!

な・・・・・・なぬぅぅぅ・・・・・・・


a0047220_19333884.jpg





純正のEXマニが、何故かこのように変形してしまうようです。



ここまでくると~完全に芸術の域に達しているからある意味「素晴らしい!!」

当然、新車時はちゃんとしたパイプで、変形など無い!!


走行距離が、平均5万km前後で、このような変形を起こす場合があるらしい~



なんでこうなるのか??未だに不明でごじゃる~~が
急激な排気温度の上昇でスチール・パイプが~グニョグニョに・・・・・・

a0047220_1934720.jpg



このような状態になってしまうと~さぞかしエンジンのパワーダウンや
レスポンスが低下して不調を感じる・・・・・どころか~
快調&絶好調で全く問題無いから驚きだ!!さすがフェラーリ!??

赤いサラブレット!!と言われる由縁だろう~~


オーナーが、気づくとしたら激しく変形したパイプが破れて排気モレを起こす。
2重構造のカバーで分かりにくいが、異音がする。

この状況でも笑える余裕のオーナーこそ!本当のフェラーリ信者なのだ。
このEXマニ片バンクのプライスは、¥60万??前後・・・もっとしたかな~??

私は・・・・・・確実にフェラーリ・オーナーは、無理だ・・・・・何故なら
私は、120%絶対にブチギレるのは、分かっているから~

但し完全復元は、得意ですから~~大喜び・・・だす~

by okugake | 2010-10-14 19:49 | マニアック