古い鋳物にご注意!!。。

ロータス、、、古い車両のアルミ鋳物部品ですが
昔の鋳造技術には、どうしても内部の気泡ムラが出来やすくて
外観からは絶対に判断が出来ず、、、長年の熱害などの条件下で
金属疲労が進み、取り出す際のちょっとした力加減で、、、
破損することも有ります。(; ̄ェ ̄)

a0047220_871375.jpg


このような場合って、、、只々、、、運が、、、
無かったとしか言いように御座いません。(T_T)

a0047220_872374.jpg


いつもの流れで、、、作業を進める。

a0047220_8113095.jpg


溶接、、、熱処理と数回繰り返す。。。

a0047220_8114071.jpg


裏側は、2層溶接後に擦り合わせ仕上げ。

a0047220_811573.jpg


表側は、3層溶接後、分からないように仕上げても良いのですが
強度は低下します。。。
このような場合は、強度最優先のため、、、あえて溶接を残す。

a0047220_812102.jpg


このような作業は、全国から届きます。。。
本日も、、、特殊な復元作業に取りかかるとしましょうか、、、ʅ(◞‿◟)ʃ

by okugake | 2016-11-16 08:15

続!スプリンガー・ホーク完全修復。。

完全に復元出来ました、、が、、今までのスプリンガーホークで
ー最も困難であり、大変な修復作業だった!と言い切れます!!。
a0047220_1956879.jpg


********************************************
修復に関しては、各スペシャリストの考え方や手法も様々で
私のやり方が、決して良いとは言い切れない部分もあります。
素晴らしい技術を持って修復される方もおられると思うと
まだまだ修業中の身でありますので、作業中の写真は何となく
今回は、、、NGとさせていただこうと思います。。。
********************************************

ところで、、、、、
一番の難問は、トリプルから上部にかけて曲がってしまっていて
おまけに捩れてる、、、それになんとダメ押しのトリプル本体も、、、
やんわりと歪んでいたことに、なんでこの修復を受けてしまったんだろう
と、、、後悔先に立たず、、、後の祭り、、、て感じで。。。
a0047220_2052530.jpg


本来、この状態ですと、お断りするのですが、古くからお付き合いの
ショップさんから「お頼み申す!」!と言われれば、断りにくいでしょうよ。
a0047220_2063212.jpg


ただ、どのやり方であっても新品同様、、、いや!それ以上で
仕上がるのであれば、、、その方法がベストなやり方だと思う。
a0047220_2064345.jpg


何度も仮組をして。。。
a0047220_2017234.jpg


私自身、神経質なため、、、かなり追い込んで復元しましたこの
ホークは、新品以上だと言い切れる自信作です。
a0047220_207362.jpg


ハンドルストッパー部もキッチリと寸法通りに合わせて。。。
a0047220_2010516.jpg


試運転も問題なく、、、気持ち良く走れました。。。
a0047220_20221629.jpg

でも、、ほんと!疲れましたよ、、、スプリンガーNG!て感じで。

by okugake | 2016-04-09 20:30

片持ちナンバーサポート製作。。

片持ちナンバーサポートを、見かけたのは4~5年前のこと。
ハーレー系は、、、皆さんもご存知のイタリアのメーカーで、、、
スクーター系では、、、台湾製も有りました、、、が、不人気で
今はどちらとも生産されていないようです。

ところが、、、4月から法律が変わって、当時は全く注目されなかった
片持ちナンバーサポートが、、、密かに注目されそうな予感がします。

a0047220_9242727.jpg


今回製作したサポートは、完全なプロトタイプです。
要するにサンプルですから、ナンバーに柔らかくアールを
つけておりますが、今後正規の生産モノは、ナンバープレート無加工の
ストレートになり、テールランプも各自の好みに合わせて製作の予定です。

a0047220_9244435.jpg


製作に関しては、いつものように手曲げに拘り、柔らかいラインでシンプルに。

a0047220_9252344.jpg


出来る限りスリム&シャープに!!それでいて十分な強度を確保いたしました。

a0047220_9254398.jpg


配線処理もタイラップ止めでは無く、クリップを本体溶接の一体式で高級感を!。

a0047220_926378.jpg


パイプでの製作も案に上がり、その中に配線を隠すことも考えましたが
強度を考えた時に、パイプ径が大きくなるため、スリム&シャープとは
かけ離れて、「重苦しく」なってしまうから、今回パイプはNGです。

a0047220_9262415.jpg

取りあえずは、こんな感じで、、、。。。

by okugake | 2016-03-30 09:41

ワンオフは、、、いつものフリーハンドで~。。

図面の無い作業は、、、削っては、、、合わせて、また削って
アルミの塊が、、、ここまでシェイプ、、、て感じで。。。

ワンオフ製作では、NCとか、、、マシニングて使わない。。。
汎用機で十分作れるから、、、それとモノ作りの基本ですからね。
実は汎用機の方が、製作時間を短縮できるし。。。
a0047220_1085861.jpg


削っていくうにち、、、形になってきます。。。
a0047220_1091773.jpg


取りあえず、、、ハーレーのリアキャリパー・サポートて感じで。。。
a0047220_1093399.jpg

by okugake | 2016-02-24 12:59