スポスタのシリンダーヘッド修理。。

仲の良いショップから、、、携帯に写真が届く。。。
下の写真がモロ!その写真ですが、、、。。。
a0047220_16102438.jpg

V、、、「直りますか?」
私、、、「これ?なんですか???」
V、、、「スポスタのヘッド、、、ボルトが折れた、、、。」
といってもV氏が折った訳では有りません、、、お客様(オーナー)が
サンデーメカニック中に運悪く折ってしまったそうです。

2~3日後、、、
V、、、「お客様が知り合いの修理屋さんで直すそうです。修理は無くなりました。」
私、、、「良かった!ほんと!助かりました。奥側は厄介なんですよ~~。」

逆に私は、、、Vに「キャンセルしてくれて、有り難う!」と。。。

で、、、で、、、数日後、、、
V、、、「修理屋さんがお手上げで!ヤッパリ直して!!」と。。。
私、、、「え~~~~~マジですか!???」

ところが、なんやら無理やり掘った跡が、センターもズレて長穴ぽっくなってるし
このような仕事の流れ、、、嫌いです、、、余計に作業がやりにくくなってるし。
a0047220_16205540.jpg


穴が大きくなってしまったことと、ここはスタッドボルトなので
リコイル(ヘリサート)仕上げをすることに、、、修理を開始するも、、、
a0047220_16222713.jpg


エンドミルの刃先が潰れる、、、、、ハーレーのボルトてそんなに固かってっけ??
ハイス鋼の刃物で再チャレンジ、、、ゴリゴリと刃先がヘタる。。。もしかして!!
a0047220_16241191.jpg


既に、、、手遅れでした、、、修理を受けるんや無かったと後悔の波が押し寄せる。
修理屋さんが、逆タップを折っていたんです!!!知っていたら受けなかったんですが。
青丸がボルトで、まだ残ってて正規位置ですが、赤丸が折れた逆タップはズレてるし。
逆タップの素材は、一般的に超硬材といわれ、手の打ちようが無い!!!。
それに固着したボルトを抜くために「逆タップ」を使用するんですが、私の長い
経験でも、、、逆タップで固着したボルトは、、、一度も外れたことが無く
今回のように無理に回すと、、、殆ど折れるんです。。。
a0047220_10354338.jpg


もうお分かりですね~~~普通では絶対に直りません!逆に潰されてしまってる。
こうなることだけは避けたかったんですが、、、赤丸がボルト穴の底ですが
ここまでホジくらないと、元のボルトも逆タップも取り出せなかったんんです。
a0047220_10372258.jpg


で、、、やっと!取れました。。。
これが犯人です。。。角型タイプで、ボルトに穴を開けてカチ込んで回して
抜くんですが、、、今回のようなボルト折れは絶対に外すことは出来ません!
カチ込んだ際にボルトが外へ広がり、余計に噛むんですよ。。。
なので無理に回すと折れます、、、というか今回は斜めで折れたんですが、、、。
a0047220_16474358.jpg


参考までに、、、このような角型です。。。
a0047220_16475319.jpg


取りあえず、何とか直して、、、
a0047220_16485573.jpg


穴あけ用の治具を作って、、、
a0047220_1650151.jpg


下穴を開けて、、、
a0047220_16503173.jpg


やっと、、、、、、完成!!!て感じで。。。
a0047220_16491175.jpg


※他のやり方として、放電も有りますが、このような複雑な角度の場合では
正確な治具の製作が必要で、コスト的にも合いませんし、恐ろしく高額です。
それにみんな!やりたがりません、、、と言うより断られますけどね。。。
a0047220_16515643.jpg

by okugake | 2017-03-04 09:58 | 修復作業