PORSCHE 356 チタンロールバー クオリティー編。。

ロールバーのクオリティー編、、、ということで、、、。。。
a0047220_12261187.jpg


ロールバーの製作に携わったことの有る方なら、、、
a0047220_12285947.jpg


a0047220_1229874.jpg


この取り付け方法が、、、いかに大変であるかは!!お分かりでしょう。
a0047220_12291867.jpg


どこがポイントで、、、どのように作るのがベストか!?
a0047220_12304674.jpg


このようにAピラーにガッチリとフィットさせることも大事です。
a0047220_12324867.jpg


逆に天井は走行中の撓みや歪で叩くために、、、3mmのクリアランスが必要だ。
a0047220_1257174.jpg


パイプは長く作ることとアールもキッチリと寸法出しをして曲げることが全てで
アールを間違えたり、切り過ぎたり、削り過ぎた時点で、そのパイプは使えないから
慎重に各部のクリアランスもバッチリ合わせることも技の一つです。
a0047220_1234460.jpg


ボディラインに沿うように張り付くパイプは、手曲げだから出来る技です。
a0047220_12381342.jpg


なんとも言えない「手曲げの優しいライン」に、、、作った自分自身が
うっとり!!としてしまう、、、なんて最高の気分でしょうか!!。
a0047220_14125577.jpg

苦労して作り上げた者だけが味わえる気持ち良さ、、、ある意味快楽に
落ちる瞬間かもしれませんね。。。

by okugake | 2016-03-14 12:50 | パーツ