2013年 10月 25日

人の技は、奥が深い・・・エンジン・ブロック修理。。


硬鉄は、昭和をこよなく愛する”大昭和人”です。。。(笑

それゆえアナログ人間なんでコンピュータには、負けますが、、、何とか戦いを挑んです。
多くのエンジン・ブロック等の修理をしてきましたが、このブロックを見て唖然とした。(脂汗

a0047220_18495155.jpg




シリンダー深くにクラックのダメージ!が所々に発生している。
原因は、ウォータージャケットからの激しい腐食による金属疲労のようだ。

a0047220_18504440.jpg




バルブ・シートや多数の陥没・・・変形・・・破損と、フルダメージを受けて
瀕死の状態であっても走り続けてきたことに私は、驚きと感動を知る。。

a0047220_1851570.jpg




油をタップリ含んだ金属の匂いに私は・・・酔いしれてしまった。
そして、もう一度このエンジンの”声”を聞きたい!と思った。

a0047220_18514875.jpg








終わり無き戦いと分かっていても、ブロックの復元修理に取り掛かる。

a0047220_20607.jpg




経験と知恵の引き出しを開けては、いろんな技をシュミレーションする。

私の脳みそは、確実に動き出した。(笑

a0047220_18544775.jpg




失敗する可能性が高いが、、、失敗は許されない不安が、恐怖となり
やがて・・・・・快楽として落ちていく、、、”無常な喜び”を感じる。

a0047220_18551788.jpg




エクスタシーを感じる、、、アドレナリン分泌が始まったようです。

ある意味、生きている喜び・・・実感する瞬間かもしれないなぁ~!?。(笑

a0047220_18555092.jpg




禁酒のアメリカを生き抜いたサイド・バルプ・エンジン。

a0047220_18561879.jpg




アルフォンス・ガブリエル・カポネと共にアメリカ暗黒の時代を
走りぬいた名機である!!この ”ストレート8”。。。

a0047220_18563942.jpg



このエンジンの復活を祝い、、、
今夜は、アル・カポネからの密造酒?で乾杯しましょうか・・・・・。(微笑


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クランクの復元修理編!!




余談
作業は、合間で行いましたが、スタートから1年と少々の歳月を掛けて
何度も何度も溶接しては打ち込んで、研磨しては、成形して、また溶接して・・・。(泣
いつ終わるのか?分からない作業を繰り返して、復元することが出来ました。

見えない裏側の腐食が激しく、母体が崩れる!!サビとの戦いでしたから。
週末は、行きつけのお店で一杯やりたい気分ですよ!!。(笑

by okugake | 2013-10-25 19:39 | レストア


<< フュージョン・ライトカスタム。。      真鍮ボルト。。 >>