2016年 09月 26日

2002年 エボスポ 883 極上車

久しぶりの販売車両です!!
硬鉄は、これぞ!!という車両しか販売致しません。
その為、極上車のみをご紹介いたします。

今回の車両も中々出てこない極上車です。。。
a0047220_18295595.jpg


2002年 エボスポ 883 実質の2オーナーで、全て女性オーナーです。
転倒や立ちゴケも一切有りません!!実走行は7400kmと恐ろしく
低走行車であることと、新車からの室内ガレージ保管です。
正しく極上と言い切れるエボ・スポーツスター883です。
a0047220_18302754.jpg


ハンドルとシートはワンオフ製作で、リアのサスペンションは
2015の48用280mmをチョイスしての純正ローダウンです。
a0047220_18305656.jpg


限定生産のキャンディーレッドも、輝き眩しく!お進めの車両です。
本気で興味の有る方は、メール等でお問い合わせ下さい。

# by okugake | 2016-09-26 18:32 | パーツ | Trackback
2016年 09月 10日

旅先で見つけたレストアベース車両。。

旅先で遭遇した素晴らしい光景に見惚れてしまいました。
a0047220_8385337.jpg


この車両、、、この場所に居座って、どれほどの歳月が過ぎたのだろうか?
a0047220_9422288.jpg


戦後に米軍より払い下げ??で、この山林にやってきたのかもしれませんね。
a0047220_9424372.jpg


レストアベース車両として、、、まだ間に合うかも!???(笑
a0047220_9441917.jpg


a0047220_9453518.jpg


a0047220_945538.jpg


でもレストア、、、て奥が深すぎる、それこそ深海よりも深い、、、(笑
新車や新品に勝るものなし!!と分かっていても旧車に取っては
部品すらも無くて、朽ち果てるか?フル・レストアで蘇らせるか!。
a0047220_9481077.jpg


ところが、レストア作業の値段もピンキリ!ですし
技術職人の技量もピンキリ!!で、なかなかお目に適うところが
少ないのですが、この車両のレストアが、完璧に出来るとしたら
私の知る限りでは、、、このショップかもしれません。。。
高知県のボディショップ イケノウエ

a0047220_9482697.jpg


# by okugake | 2016-09-10 09:52 | プライベート | Trackback
2016年 09月 09日

Suzuki GT380 シリンダーヘッド修理。。

ご無沙汰しております。。。
最近ブログの更新が、、、遠のいております。
理由としまして、一年を通してみると同じ内容の作業が重複しており
見たようなシーンも多く、今更ブログで!???と思ったり、、、
これまたプライベートな内容もどうかな???と思うのです。

今回も、、、毎回同じような内容の作業ですが、、、(苦笑

このSuzuki GT380 シリンダーヘッド、、、以前どこかで修理されてますが
かなり無茶なやり方で、正直!驚きました。
a0047220_9203789.jpg


ボルト穴は全て斜めに!!ピッチ幅も三気筒ともバラバラでした。
a0047220_9204977.jpg


a0047220_9262041.jpg


ダメな部分を取り除くと、、、ボルトが残っていたり、、、
a0047220_922135.jpg


このようにボルトのセンターズレで穴を開けてネジを切るなんて
ある意味、、、素晴らしい!?と感心しましたが、でも無茶苦茶ですよね。
a0047220_9244765.jpg


まぁ~~いつもの流れで、、、、、修復完了!!て感じで。。。
a0047220_9271079.jpg


a0047220_9272093.jpg


# by okugake | 2016-09-09 09:30 | 修復作業 | Trackback
2016年 08月 25日

マグネシウム合金ケース修理。。

これはマグネシウム合金クランクケースですが
a0047220_10275962.jpg


このようにピン穴が損傷してしまったため、一旦溶接で埋めるのですが
マグネシウム合金は種類もあって、特に鋳物は非常にリスクを伴います。
基本、、、やりたくないですね。。。。。
a0047220_10281057.jpg


溶接後の段差を取るのは特殊な研磨材と油を混ぜで、、、本体を痛めず
丁寧に手作業でおこないますが、指紋が無くなる位!?ひたすら磨きます。
ひたすらに磨いて、、、何とか完成!!て感じで。。。
a0047220_10282132.jpg


# by okugake | 2016-08-25 10:30 | 修復作業 | Trackback
2016年 08月 06日

マジェスティ4HCキャリパーサポート。。

マジェスティ4HCにヤマハR1純正ラジアル6ポット・キャリパーを
付けたくて、、、サポートをワンオフ製作しました。。。
a0047220_7214555.jpg


ジュラルミンの塊から削り出すんですが、このキャリパーサポートも
いつものように図面無しの現車合わせで、、、製作しながら自分の頭の
中だけに図面が浮かんできて、図面と製品が同時に完成する、、、で
こんな形になりました、、、が。。。(笑)
a0047220_7291515.jpg


単純な汎用フライス盤でも十分に作れるんです、、、マシニングやNCよりも
最終的には、製作時間は、、、短くて済むんですよ。。。
a0047220_7292594.jpg


今更ながらビックスクーターて、、、ブームが去って時代遅れ!?と思う
日本の風習、飽き性の日本人の中に流行りに左右されない、本当に好きな
モノだから、ズ~~と愛用する人、、、極少数ですが現存しております。
a0047220_7314141.jpg


だから、、、少しづつカスタムして、、、ゆっくりと付き合っていく、、、
決して慌てない、一度に完成させない、オーナー自身がシッカリとビジョンを
持ち長~~~く付き合っていく。。。
そんな自分の意思をシッカリ持っている人、、、私は好きです。
a0047220_7315431.jpg


# by okugake | 2016-08-06 07:45 | パーツ | Trackback